リクルート

わたしたちフレンズ幼稚園は、常日頃から学生たちがより充実した就職が出来るようお手伝いをしています。

学生おうえんくらぶ

フレンズ学生おうえんクラブとは

フレンズ幼稚園では、学生のみなさんが、幼稚園の先生として就職してからも充実した日々を送ってほしいと願っています。そのためには学生のころにしっかりと学びを深めることが必要であると思っています。

また、学びだけではなく学生時代だからこそできる様々な体験もあなたの糧になると思います。
クラブ活動、ボランティア活動、アルバイト活動、旅行、成功体験や失敗体験… その経験は、あなたが子どもの前に立った時にきっと活かされ、子ども達にとって、かけがいのない経験に繋がっていくと思います。

フレンズ学生おうえんクラブでは学校の授業では学ぶことができないこと、体験を通しての学びを体験できると思います。
そして、この体験はきっとあなたの学生生活は充実したものとし、必ず幼稚園の先生になった時に「フレンズ幼稚園で学んだことが役に立った」と思ってもらえるものになると信じています。
私たち、フレンズ幼稚園は幼稚園の先生を目指すあなたを応援します。

学生ボランティアとは

フレンズ幼稚園で行われるさまざまな行事や日常の保育にあなたも参加してみませんか?意外と楽しいですよ。
「へえ~っ、こんなことするんだ~」といった発見や「感動で涙すること」がきっとあります。そして何よりも「幼稚園の先生になりたい!!」という思いがさらに強くなると信じています。
ボランティア活動を通して一時の幼稚園教諭を体験するとともにあなたの幼稚園教諭に対する思いを膨らませて下さい。 貴重な体験があなたを待っています。

リクルートニュース

  • 2014.04.28 4月号

    新一年生のみなさん、ご入学おめでとうございます!在学生のみなさん、ご進級おめでとうございます!山や街のあちらこちらで癒してくれた薄ピンクの花びらもすっかり散って、いよいよ新緑の季節ですねっ。新年度の生活は落ち着きましたか?当園の子ども達も新しい生活リズムに随分慣れて、新たな友達とのかかわりを楽しみながら、思い思いの遊びを展開している所です。この頃は、1年ぶりのお客様ツバメのご夫婦が足を運んでいやいや、翼を運んでお越しですよぉ~!さてさて、このコーナーでは、子どもに囲まれて働ける喜び、そのために努力している事、園内外の様々な活動、施設内の紹介、この職場ならではのエピソードなどなど…色々な情報を毎月末に発信して参ります。次回の更新をお楽しみに!

    関連ファイル(PDF形式)

    PDFファイルをご覧頂くためには、Adobe Reader(R) が必要です。
    お持ちのパソコンにインストールされていない場合は、上のリンクをクリックしてダウンロードしてください。

  • 2014.04.03 赤十字講習会

    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image
    image

    ※写真をクリックすると拡大表示されます。

    日本赤十字社の方2名を講師にお招きし、教職員全員、講義と実践による研修を受けました。内容は●けいれん(ひきつけ)●気道遺物の除去●一次救命処置⇒心肺蘇生、AEDを用いた除細動についてです。①熱性痙攣を起こしているお子様に遭遇した事がある方ならばわかると思いますが、目の前で子どもが白目をむいて倒れた時、一瞬パニックになります。何が起こっているのかさっぱりわからず、ただただ助けを求めて祈るばかり…。だからこそ、日頃から「もしも…の時の自分の行動手順」をイメージトレーニングしておくべきなのです。痙攣の種類も高熱の場合だけではなく、無熱性痙攣や憤怒痙攣など、実に様々なシチュエーションが想定されます。②子どもにとって大切な好奇心。それは自分がどんな環境下で生きているかを知る為に必要不可欠な衝動です。しかし、リスクもあります。のどに異物をつまらせた時、乳児と幼児では当然処置の仕方や方法が異なります。成長段階に合わせた背部叩打法、腹部突き上げ法、胸部突き上げ法を実践しました。かつての研修で頭ではわかっていたつもりでいましたが、いざ実践してみると…何ともぎこちない…。③一番起きて欲しくないシチュエーションが、呼吸、心臓が止まっている状態。確認の方法、行動手順、胸骨圧迫の注意点と実際、気道確保の仕方、人工呼吸の注意点と実際、AEDの使い方を学んで、いざ実践。ジャミーちゃん人形を使って一連の一次救命処置を全員が経験しました。講師の方から「よく忘れる行動」についてお話しがあったのにもかかわらず、やっぱりAEDの電源の入れ忘れ…。短い時間でしたが、最も重要なポイントを厳選して頂き、最新応急手当、最新一次救命処置について学ぶ事ができました。お預かりしているお子様の大切な命…必ずや守り抜く覚悟で新学期を迎える事ができそうです。

前へ 1 2 3 次へ
〒800-0224 北九州市小倉南区東貫1-15-3 TEL: 093-471-5922 FAX: 093-471-5509